Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

imgrc0062743262

女性の憧れでもあるダイヤモンド。指輪はしかるべきシーンで頂きたいものですが、ネックレスは自分で購入したいと考えている女性も多いと思います。また男性も、指輪は大事なシーンで渡したいけれど大切な女性にネックレスでダイヤモンドをプレゼントしたいこともあるでしょう。

ダイヤモンドはカラットに寄って輝きも違いますが、選ぶ基準は他にもたくさんあります。とくにネックレスともなれば、どんなファツションに合わせるのか個人の雰囲気によってもデザインを考えたいもの。

いくつも購入するものではないからこそ「失敗した」と思わないダイヤモンドネックレスを選びましょう。

ダイヤモンドネックレスをどんな時に身に着けたいのかを考えて選ぶ事

aaa

よくカップルでネックレスを購入する場合「せっかくだからダイヤモンド」とおっしゃる人たちがいます。大切な相手に贈るのだから「ダイヤモンドを」と考える気持ちは理解できますが、そうであればしかるべき段階を踏んで指輪を選ぶことをおすすめしています。ネックレスは、常に人の目に触れるものですから本人の雰囲気やファッション、どんなシーンで身につけるのかによってデザインも異なるからです。

婚約指輪のように「証」として渡すにしても、本人が身に着けられるとうなものでなくては意味がないからです。普段のファッションにさりげなく身に着けたいのかパーティなどの特別なシーンで身に着けたいのかにもよりダイヤの大きさやネックレスのデザインは大きく変わります。

ダイヤモンドにもピンキリがありますし、安いから悪いわけではありませんが普段使うのであればファッショナブルなデザインにダイヤを埋め込んだものや小さなものが使いやすいですし、パーティシーンで使う場合は大き目のタイプがやはり美しいです。

普段使いにダイヤのネックレスを購入するのであれば、予算をあらかじめ考えて価格が手頃でお洒落なものを探していただきたいと思います。

普段使いならさりげないデザインを選びましょう

a58f4afa4d30214acbb73b5816042a04

仕事やオフ日にお洒落でダイヤモンドネックレスをつけたい場合、ダイヤのみの小粒なタイプとゴールドにダイヤを使ったカジュアル感のあるデザインの中から選びましょう。30代以上の女性であれば1粒ダイヤのシンプルなものは欲しいですし、シーンに合わせてチャームにダイヤを埋め込んだタイプも魅力があります。

ダイヤのものシンプルなネックレスは、大人カジュアルがビジネスシーンで映えますし、チャームにダイヤが入ったものは遊びのあるカジュアルスタイルにぴったりです。シャープなファツションが多い人はダイヤのみ、ラフなファッションが好きな人は自分の好きなチャームにダイヤが入っているものを選ぶと良いと思います。

チャームタイプならダイヤでなくてもスワロフスキーで同じぐらいの輝きがでますので、そこまでダイヤにこだわらない人にはスワロフスキーをおすすめしています。

ダイヤの輝きは単体だからこそ楽しめるものですし、あとで「1粒が良かった」と後悔しない為にもシンプルなダイヤのネックレスをファーストダイヤネックレスに選ぶと良いでしょう。

ダイヤモンドだけでなく、チェーンなどのカラーは揃えて選びましょう

大人の女性は、ホワイトかイエローゴールド、若い女性であればピンクゴールドが肌を美しく見せます。どのゴールドを使うにしても、ダイヤモンドそのものを光らせなくては意味がありません。

ネックレス・ピアス・イヤリングに使うチェーンや台座は必ずカラーを合わせるようにします。たとえば、ネックレスはイエローゴールドなのにピアスがピンクゴールドではバランスが悪くなりダイヤモンドの美しさを半減させてしまいます。

多くの人は、普段使いにダイヤモンドネックレスを身に着けると思いますのでネックレスに合わせたピアスやイヤリングも一緒に選んでおくと良いでしょう。

【ワンポイント】フォーマルで使うなら大粒かボリュームのあるデザインがおススメ!

eigyo01

シンプルな大粒のダイヤで、フォーマルな席にでるのももちろん良いのですが最近はゴールドに小粒のダイヤをちりばめたデザイン性の高いダイヤネックレスが人気です。

フォーマルな席では、ネックレスだけが目立っても困りますし、ピアスやイヤリングなどもバランスを考える必要があります。

デコルテだけにダイヤを使い、髪飾りなどにボリュームをもってくるのであればピアスなどは小粒のダイヤで揃えるべき。またゴールドの色も、イエローなら全てのジュエリーをイエローで揃えることも大切です。

気軽にダイヤモンドネックレスを身に着けるには、ダイヤの大きさよりもカットを重視して選ぶことが大切です。小さくてもカットが細かいと、ダイヤモンドの輝きも価格以上に光美しいものです。

高価なダイヤモンドは確かに素晴しいのですが、ファツションのマッチしていなくては意味がありません。お好きなブランドだけでなく、ダイヤのカットが美しいと定評のあるブランドも一度回って自分だけのダイヤモンドネックレスを手にいれてください。