Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

8c9e8aa4ff42a28881d1a3211871159f

簡単なビーズネックレスや雑貨店で見つけたネックレスは、ボードに飾ったりしても良いのですが天然石やダイヤのネックレスはそうはいきません。ネックレスの中でもジュエリーに区分されるものは、空気や直射日光を避けないと酸化してしまい変色する事があります。

だからと言ってジメジメしたような場所では石もネックレスも元気がなくなってしまいます。見た目に部屋を飾るのは、ジュエリーではなくアクセサリーとして使えるネックレス。大切なジュエリーとして使えるパールやダイヤ等の天然石は引き出しを使うのが一番良い収納です。今回はクローゼットの引き出しを使った収納方法について紹介します。

空いている引き出しは有効利用すべし

fjarill03

クローゼットを空けておくのはもったいない。ついつい洋服を無造作に入れてしまい、引き出しがごちゃごちゃしていませんか?アクセサリーを引き出しに収納する事で洋服もきれいに畳んで片付けができます。アクセサリー専用のクローゼットやチェストもありますが一般家庭には必要ないもの。使っているクローゼットの引き出しを上手く使えば何があるかすぐにわかります。

仕切りをしっかりと作ること

ネックレス収納に引き出しを使う場合、購入したケースを使う人が多いと思います。私も最初は、箱を引き出しに入れて収納していましたがブランドやメーカーで箱の大きさは異なる為に増えていくと面倒になりごちゃごちゃになってしまいます。ネックレスを縦に長く収納するのか、四角いスペースに入れるかは好みですが、イヤリングやピアスがセットなものはある程度のスペースは必要でしょう。引き出しを有効に使うためには、仕切りを作ってネックレスを収納しやすいようにしてしまうこと。中途半端なスペースには指輪やヘアアクセサリーを入れるとよりきれいになります。

プラスチックケースを使って収納する

仕切りを作るのは面倒な人は、市販のアクセサリー収納ケースを使ってみましょう。サイズがいろいろあるので、引き出しに合うサイズを選ぶこと。仕切りが浅いので見た目はきれいですが、ネイルをした爪では取り出しにくいデメリットもあります。

仕切りは低めが取り出しやすい

仕切りを深くするとネックレスがよれない、絡まらないからと深い仕切りを作る人がいます。深い仕切りは収納の面ではすぐれていますが、取り出しにくい一面があり指を奥まで入れないとネックレスを掴む事ができません。収納ボックス用の仕切りなどは、アクセサリー専用ではないのですがサイズが引き出しに合うようならホットボンドを使って、引き出しの底に合うサイズの板に張り付けて作ってみましょう。

引き出しに合わせて色んな仕切りを作ってみよう!

desk

仕切りだから必ず真っ直ぐにしなくては!と張り切らなくても半分を仕切りにして、半分はガラスのケースやお菓子のパックを使ってアレンジしても良いでしょう。卵のパックを使ったり身近なものでも代用できるので「お金をかけずに可愛く引き出しをデコする」事を考えてみましょう。

使える!たまごパック

160326H-02

たまごパックは、重ねて端をマスキングテープで縁取ることでネックレス1本づづ収納できるケースに変身します。自分で仕切りをうまく作れない人や「とりあえずきれいに収納したい」人は、簡単なこんな収納ケースを作っておくと便利。ピアスやイヤリングを隣に入れておけば、コーデもラクチンになります。傷んできたら簡単に作れて取替もできますし、お金をかけずに収納グッズが作れるのもポイント。

100均の便利グッズを利用する

mig

キッチングッズなどを見てみると、お箸やスプーンなど細長いものをまとめてテーブルにおけるケースやコンパクトな入れ物がたくさんあります。このようなものを引き出しの中に組み合わせて使うと、仕切りをつかわなくてもネックレスがきれいに収納できます。引き出しのスペースの空いたところだけを使いたい人も、こんな便利グッズは使わないと損です。

ケースに仕切りを付けるほどネックレスがないなら袋で収納

アクセサリーは好きだけど、ネックレスの為に仕切りを作るのは面倒。ピアスやイヤリングの方が多い…そんな人は細長入れ物が一つあれば引き出しにきれいに片づけられます。100均やホームセンターにジップのついた小さな袋があります。ネックレスをその袋に入れておけば、絡みを防ぎコンパクトに収納できますよ。こちらもデコペンなどを使って、袋の見た目にもこだわってみるとケースに入れた時以上の満足度があります。

【ワンポイント】パーソナルスペースを用意すると収納も楽ちん!

eigyo01

引き出し収納だからきっちりしないと…なんて考える必要はありません。自分だけのパーソナルスペースでもある引き出しだからこそ、開けてニヤリとできるような収納方法ができるのも魅力。見えない場所だからこそ、ちょっとしたこだわりをもった収納を心がけてみましょう。気分で収納ケースを替えてみたり、場所を移動させてみるなどベストな状態にしてあげましょう。