Pocket

この記事は約 5 分で読めます。


プロポーズされたら婚約指輪をもらうのは当たり前?でしょうか。昨今は、結婚適齢期が晩婚化していることから「結納はやらない」「婚約指輪も必要ない」と考えているカップルが増えています。

結婚情報誌では「プロポーズには婚約指輪」とか「婚約指輪はこのブランド」などの情報が蔓延するので「やっぱり必要なんだろうか」とお店に下見にやってきて店員のいうままに婚約指輪を購入してしまうことも少なくありません。

ところが女性に聞いてみると「実用的な時計が欲しい」「使えない婚約指輪より、普段使いのネックレスが欲しい」と答える人が非常に多いのです。また経済的に「結婚式にお金を使いたい」ことから、高額な婚約指輪は必要ないと考えるカップルも増えていて「だったらダイヤのシンプルなネックレス」でと決めてしまうようです。

A

時代が大きく変わって形にこだわらないケースが増えているんですね

■婚約指輪でなく婚約ネックレスを選ぶ理由はなに?

経済的に高額な指輪をプレゼントできない・ねだることができないカップルもいますが、「昔のようなしきたりを気にする家庭が少なくなった」ことも理由に挙げられます。今でもタレントや芸能人が、婚約指輪を披露しているのも見ると「宝石会社に踊らされているな」と思ったりもしますが、有名税として「婚約指輪も贈らないのか」と言われてしまうのを避けているのかもしてないですね。

△いつでも身に着けることができる

結婚指輪と重ね付けすることができる婚約指輪もありますが、指輪そのものを好んでつけない女性にとっては「婚約指輪そのものが不要」なのですから、ネックレスの方が実用的なのです。

また妊娠出産したことで、指輪そのものを外してしまう(石で赤ちゃんが傷ついてしまうため)女性もいますし、子育てによって指の変形がおきたり指が太くなってしまいサイズが合わなくなってしまうことも多々あります。高額な婚約指輪を贈っても、身に着けてもらえるのは短い期間だけは少し悲しいものですね。

△一粒でランクの高いダイヤをチョイスできる

ダイヤは、カッティングによっても金額が変わってしまうので、美しく見せるためには爪のあるデザインが一番です。

ですが、普段使いにするとブラウスやニットに引っかかってしまったり、顔をひっかいてしまうなどトラブルも多くなるもの。結局はタンスにしまい込んで日の目を見ることもなく、活躍する頃にはサイズが合わずに使えなくなります。どんな高額な婚約指輪も身に着けないのなら、ダイヤのランクをあげてネックレスやペンダントにしてしまう方がいいわけです。

指輪よりもペンダントやネックレスの方が存在感がありますし、女性のデコルテを美しく輝かせてくれます。結婚指輪は二人の新しい未来を指し示す大切な約束ですが、婚約指輪は結婚を約束した証です。

A

贈られて使えなくなるより、肌身離さずに身に着けられるネックレスやペンダントの方が実用的でオシャレで良いですね

△肌身離さずつけているからこそ幸福を感じられる

恋人から夫へと変わっても愛する気持ちに変わりはありません。

ところが年月が経ち、子供が生まれ年を重ねていくと当時の気持ちはどんどん遠くにいってしまい、気持ちにすれ違いも生まれます。プロポーズ当時のモチベーションを持ち続けられればいいのですが、人間はそうもいきません。

時間と共に気持ちは穏やかになりますから、いつまでもキラキラした気持ちを持ち続けることはできないのです。

■手が届く範囲で気持ちを届けるなら指輪よりネックレス

既製品のダイヤネックレスだけでなく、婚約ネックレスを手作りしてプレゼントする男性も最近は世界中で増えています。ダイヤにこだわる必要はありませんので、木彫りでも彫金でも愛する女性のために作って贈るのも素敵だと思います。

△婚約ネックレスなら色んなバリエーションを考えられる

一粒ダイヤのシンプルなものから、デザインタイプまで色んなダイヤネックレスがありますが、チェーンをプラチナにすれば一生もののネックレスになりますし、ゴールドのパヴェにすればまたボリューム感がでるので婚約ネックレスとしても十分使うことができます。

ダイヤモンドの大きさも、指輪とは違い0.3カラット以上はあった方が輝きが美しいのでネックレス選びの時には少し注意した方がいいかもしれませんね。0.3カラットのダイヤをネックレスにすると、おおよそですが30万程度のものになります。

ネックレスであれば、永遠の輝きをもったまま胸元でいつまでも変わらない姿をとどめてくれますし、身に着けていることによっていつまでも当時の気持ちを持ち続けることもできます。

永遠に変わらないダイヤモンドだからこそ、婚約指輪ではなく婚約ネックレスやペンダントにするというのも悪くはないと思います。ダイヤモンドのネックレスを銀婚式や金婚式にプレゼントするCMもありましたね。

A

結婚年齢が上がっている今、ダイヤモンドは婚約ネックレスで贈ってみてはいかがでしょうか。