Pocket

この記事は約 7 分で読めます。

華やかな芸能界にいても恋をすれば結婚もしますよね。忙しい芸能人は、すれ違いの日々も多くなりますので、結婚生活半ばで別の道を選ぶ事になってしまう人達もいます。

週刊誌を良く読んだりする人は知っていても、「他人の事に興味がない」人はあまり芸能人が結婚しているのか、バツイチなのかはどうでもよい事かもしれません。しかしながら、調べてみると「えっ!」とかびっくりしてしまう人がバツイチだったり・・・

A

さて、どんな芸能人がバツイチなんでしょう。

■聞いてビックリ!あの人はバツイチだった【女性芸能人】

いつまでも若々しく、綺麗な人が多いのも芸能界。ところが、「あの人結婚してたことあるの?」とびっくりしてしまう人の名前が飛び出します!

小泉今日子さん

「監獄のお姫様」で自らを『おばさん』と称する体当たり演技で注目されている小泉今日子さん。少し前には、auのCMで「セーラームーン」こと月野うさぎ役で話題になりました。

80年代アイドルとして多くの女性のファッションリーダーとして雑誌に引っ張りだこだった小泉今日子さんは、俳優の正敏さんと19995年に結婚、2004年に離婚しています。お互いに仕事が忙しく、すれ違いだったのが原因だとか。

内田有紀さん


「ドクターX」ではフリーランスの麻酔科医でシングルマザーを演じている内田さんも実はバツイチ。ドラマ「北の国から」で共演した俳優の吉岡秀隆さんと、2002年に結婚、2005年に離婚しています。

一旦は女優をやめて家庭に入った内田さんでしたが、映画や舞台で自宅に帰ることが少ない吉岡秀隆さんとのプライベートな時間が十分に取れなかったことが原因とか。

満島ひかりさんドラマ「カルテット」にのすずめちゃん、「監獄のお姫様」では二面性のある先生役もこなす実力派女優さん。藤原竜也・松山ケンイチのW主演「デスノート」で夜神月の妹役でデビューしました。可愛い役柄からドSキャラまで変幻自在の彼女ですが、映画監督・石井裕也と2010年に結婚2016年に離婚しています。結婚観や生活観の違いから、お互いに気持ちがすれ違ってしまったようですね。

宮崎あおいさん

とても若々しい印象の彼女。芸能界は長く、4歳の時に子役デビューし、NHKの純情きらりで主演を務めたことから、一気に株が急上昇。その勢いに乗って、NHKの大河ドラマ「篤姫」の主人公役として大抜擢。清純派女優として活躍する彼女ですが、結婚は早く22歳の時に俳優の高岡蒼佑と結婚。2011年には離婚し、現在ではV6の岡田准一さんと噂になっており、ゴールイン目前のようです。

松雪泰子さん

1993年のドラマ「白鳥麗子でございます」で主演していますが、それ以降の年代の方は、松雪さんを、2006年公開の「フラガール」で知った方も多いのではないでしょうか。現在のスパハワイアンズリゾートの元となった話で構成されている映画ですが、彼女は先生役のダンサーとして立ち位置ですが、それまで踊りの経験がない彼女は映画のために猛特訓をしたようです。

27歳の時に、「ザ・スリル」のギタリストGAKU(門脇学)さんと結婚。仕事上の忙しさから、その6年後に離婚。その後も色々な男性と噂にはなっていますが、お子さんもいらっしゃって仕事も常に忙しい彼女には落ち着く暇がないというのかもしれませんね。

A

今でも第一線で活躍する芸能人も「えっ!?」と思う方も多いのが分かりますね

■聞いてビックリ!あの人はバツイチだった【男性芸能人】

男性芸能人の中には、「生活感がない」「女性と一緒にいるところが想像できない」ストイックな人の姿も見えます。そんな芸能人の中には「ええっ!!」とビックリのビックネームも…。

GACKTさん

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が大ファンで、多くのミュージシャンがリスペクトするカリスマ。マリスミゼル時代からのファンも多く、そのミステリアスでプロフェッショナルな生き方に男女問わず憧れる人もおおいようです。

「美しい」と表現したほうが馴染む外見と美ボディ、それだけでなく以外にお茶目で人間的なキャラクターも愛される理由です。生活感がなく、ユニセックスが雰囲気からも女性の影がまったくないGACKTですが実はバツイチ。

年上の韓国人女性と20歳の時に結婚しましたが、わずか3ヵ月ほどで離婚。ミュージシャンとして多くの女性ファンがいた頃なのでファンからの嫌がらせもあったとか・・・。

大沢たかおさん

「仁~JIN~」の大ヒットでもおなじみの、大沢たかおさんは映画や舞台でも活躍する役者です。men’s nonnoのモデルとして活躍し、パリコレにも出演したモデルでもありました。

実は大沢たかおさんは「ロマンスの神様」で有名な広瀬香美さんと1999年に結婚2006年に離婚しています。お互いに仕事が忙しくすれ違いな日々が多かったからだそうですが、ビックスターの結婚は大変なんですね。

西川貴教さん

「消臭りき~」のCMでもお馴染みになった西川貴教さんは、イナズマロックフェスの開催などにも積極的なミュージシャン。TMレボリューションの名前で一世を風靡したこともあります。

そんな西川貴教さんは吉村由美(PUFFY)さんと1999年に結婚、2002年に離婚しています。今でも交流がありミュージシャンとして尊敬しあっている仲とのことですので、やはり生活リズムが違ったり、仕事とプライベートがごっちゃになるなどのマイナスな面もあったようです。

京本政樹さん

タレントであり、俳優であり、ミュージシャンであり、デザイナーでもあるマルチな才能を持つ京本さん。一番有名なのは時代劇系で、銭形平次、組紐屋の竜役の必殺仕事人などですね。他にも、テレビドラマで火曜サスペンス劇場、サラリーマン金太郎、高校教師、世にも奇妙な物語、ちりとてちんなど沢山のテレビドラマに出演しています。

髪型などがとても特徴的ですが、昔から一切変わっていないようです。長窪真佐子さんと29歳の時に結婚。その後離婚して、「きゃんきゃん」というアイドルグループに所属していた山本博美さんと結婚し、現在では安定した結婚生活を送っているようです。

A

女性芸能人と負けず劣らず、こちらも存在感の大きい方ばかりです

■芸能人は結婚しても上手くいかない?

上に書いてきた記事は、全てバツイチ芸能人を載せているため、芸能人は結婚すると不仲になるのかというイメージがあるかもしれませんが、芸能人の中でも仲の良い夫婦は沢山います。

例えば、佐々木健介・北斗昌さん夫婦はきってのおしどり夫婦ですよね。お互いに支えあう気持ちがあれば、芸能人でも結婚生活は上手くいくお手本だと思います。

山口智子さん・唐沢寿明さん、菅野美穂さん・堺雅人さん、東尾理子さん・石田純一さんなど、ビックネームのカップルはたくさんいます。芸能人も一般人も、お互いにすれ違いが起きると結婚生活が長続きすることはないのだということが分かりますね。

■まとめ

他にも、以外な人がバツイチだったりしますし、常に週刊誌を騒がせている人もいれば「自分らしく生きる」事で新しい人生を歩んでいる人もいます。結婚だけが幸せではないし、結婚したことでわかることもある。結婚は「周りにせかされたり・押し付けられてする」ものではなく、自分の気持ちが「パートナーと歩みたい」と思った時にパチンとはまるのではないかなと思います。