Pocket

この記事は約 6 分で読めます。

「早く結婚して子供を産んで幸せな家庭を築きたい」そう思う人も最近とても多いです。それは晩婚化が進んでおり、職場での出会いも難しい事から、仕事に没頭し過ぎて、いつのまにか婚期を逃していた…という形です。

40代になると出産はとても難しくなり、どうしても30代前半から後半のうちには一連を終えておきたいというのが現実です。

過去記事:【高齢出産】40代での結婚でもギリギリ子供は生める!?その確率は何%?

もう三拍子(イケメン、高学歴、性格良し)揃った自分の理想通り!ではなくていいから、早く結婚したいというのが本音ですよね。ただ最低限の社会常識がある人でなければ、後が困りますね。そうしたときには、真面目に今までコツコツ積み上げてきて、確実な結婚をしたいと願う男女が集う結婚相談所にしましょう。

A

お見合いパーティーなどではワンクッション置かなければなりませんので、早く結婚したいなら結婚相談所が一番です。

Look for Partnerの優れた点



1年以内に「結婚」の幸せを届けたい「Look for Partner」

何より「1年以内の結婚を目指す」というのを明確な目標点として挙げています。そして日本結婚相談所連盟加盟店であるため、安心感がありますね。でも実際に自分にしっかり合う人というのは選んでくれるでしょうか。

Look for Partnerの会員数は、約58,000名います。そして毎月平均で約2,000名の新規会員が入会しているので、自分と性格が合わない人を選べないというのは逆に難しいでしょう。

問題なのは、自分が住んでいる地域としっかりとした社会人としての在籍がいるかということですね。そこであまり学歴という点では人を判断するのは良くないと思いますが、このデータが公開されていたので、下記に示します。

男性で54%、女性が70.6%という高い数値で短大・四大卒になっていることが分かるので、一般的な学校に行って、勉強をしたというデータで表れています。そして会員の職業欄も見てみると、

男性会員は36歳~45歳が約半数。会社員や公務員がその大半を占めており、自分とは世界の違う人という方と出会う機会はなく、安心できる環境にあると言えるのではないでしょうか。またこちらの画像では書いていませんが、平均年収は、500万~699万の世代の方が最も多く、この年代に真面目に働いていれば、ちゃんと年収確保している方と出会う可能性が高いと言えるでしょう。

次に女性会員の方を見ていきましょう。女性会員の方も、年齢層が大体同じだったので、「相手に求める婚歴」という欄を入れました。

女性の場合は、会社員が多く占めますが、保育士、美容、医療系に従事している方が多く、癒されたい男性にとってはチャンスがあります。また、女性の多くは、「初婚でも再婚でも構わない」というデータがあり、これは男性にとっては朗報だと言えます。

全体の成婚率は、2016年データでは、4739名となっており、毎年成婚率が上がっているという状況です。(殆どの人が交際後1年以内に結婚している)

またルックフォーパートナーでは、入会時の必要書類が、住所証明、年収証明/源泉徴収(女性は任意)、職業証明、学歴証明などかなりハードルを高く設定している分、本気度が高い人が集まっていると考えられます。

料金

上の図で見てみるとわかりやすいですが、結婚相談所は総額で大体約60万程度かかります。これは入会金と月会費と成婚料合わせての総額がこれぐらいということです。確かに一生のパートナーが60万で手に入るのであれば高くはないわけですが、ルックフォーパートナーでは、27万円程度で済みます。しかも、下を見てみてください。

「3ヶ月以内にお見合い自体が成立しなかったら、入会金全額返金」と書いてあります。つまりルックフォーパートナーでは収穫無しでは許されないという強い想いがあるのでしょう。せっかく料金を頂いているのだから、会えなければ全額お戻しするという姿勢は、大手だからこそ出来るとても安心できるサービスですね。

また初月の月会費は無料になっているのも嬉しい後押しです。そしてお見合い自体は、月20件まで可能なようです。

具体的なサポート内容

ネット婚活とは違い、こうした結婚相談所にはカウンセラーという方がいます。このカウンセラーは婚活プランやお見合いのセッティングなどプロポーズから成婚に至るまで全てをバックアップしてくれます。それでは具体的に入会から成婚までの流れを見ていきましょう。

①入会後にはまずは自分の写真撮影やプロフィールを作成しなければなりません。当然ここでまだ見ぬ相手へのアピールをするわけですから、一番気の抜けない作業と言っても良いでしょう。

お見合い写真で相手から「あっ!この人良いかも!」と思わせるようにちゃんとした写真を撮ります。

プロフィールにきちんと自分の職業、年齢、年収など一覧で確認出来るように設定します。

 

②実際に何件かお見合いを実際にしてみましょう。58,000人もいますから、きっと自分の合うパートナーが見つかります。

③交際は友達以上、恋人未満という関係です。ここで本当のパートナーを決めていきます

④真剣交際は結婚を前提にして、付き合うという関係です。→ここがミソです!つまりもう結婚前提なのでという意識になります

⑤いよいよプロポーズ

⑥めでたく成婚。カウンセラーの方が結婚式まで全てをサポートしてくれます。

 

自分で全てを行うのは困難!

いかがだったでしょうか。結婚までのプロセスが理解できたのではないかと思います。

実際には付き合っても結婚に至らないカップルというのは世の中にごまんといるのは、第三者の存在がいないからです。時には後押ししたりアドバイスしてくれたりと頼れる第三者がカウンセラーなのです。

そのアドバイス内容というのは、お見合いのツールやマナーから、お見合いの好印象を受けるための話し方など全てを経験豊富なカウンセラーの指示の下で行います。わずらわしいと感じるかもしれませんが、男性と女性というのはそもそも考え方や行動などは異なるため、自分で考えたことが相手にとっては普通ではないと感じることも多いのです。

だから、ここでのアドバイスというのはとても重要です。

また実際に結婚出来ることになった!嬉しい!と言っても今度は手続きがかなり大変ですし、双方の親御さんとの挨拶や、結婚式場、ドレスなど諸々を自分で行う上でかなりの時間を要します。そうした全てのサポートしてくれるのが結婚相談所であり、日本結婚相談所(IBJ)ならば安心して任せる事が出来るでしょう。



1年以内に結婚するぞ!未来のパートナー探しなら「Look for Partner」