Pocket

この記事は約 5 分で読めます。


結婚している事を表す結婚指輪ですが、女性はともあれ男性の指を見ると、意外に外している人が多いようです。

指輪が窮屈で好きでは無かったり、仕事の関係で指輪を身につける事が出来ない人もたくさんいます。それでも結婚の証である、結婚指輪をどうにかして身につけておきたいと考えている人もいて、ネックレスに加工してしまう人もいるようです。

A

指輪をチェーンに通すだけでは、ブラブラして余計に邪魔になりそうに思えますが、スマートにオシャレに結婚指輪をネックレスにするにはどのような方法が良いのでしょうか。

■他人事じゃない!結婚指輪が指につけられなくなるかも

職人のように、手作業の人は基本的には指輪をつけることはできません。このように仕事の都合でやむ無くつけられない人は最初から、指輪をネックレスに加工するか大切にしまい込んでおきます。ところが指輪をつけたくても、つけられない事情ができてしまうとやむ得ずネックレスに・・・なんてことも。

△家事や仕事で傷をつけてしまった

毎日つけていれば、摩擦などにより指輪には細かい傷がついていきます。大切な結婚指輪を傷つけたくない!そんな人は、ネックレスにしてしまうのが一番手っ取り早い方法です。また、定期的にケアをしないと手垢で変色してしまうなど「見た目に褪せていくのがいやと思う人もいるようですね。

△指のサイズの変化によってつけられない

出産や加齢で体重が増えてしまった。指の関節が太くなってしまったなど、女性の場合体調の変化により指輪をはめることが難しい場合、せっかく購入した指輪をタンスに入れておくのも・・・でしょう。特に出産後には、赤ちゃんの世話で追われるために指輪を外すママもいます。少しでも赤ちゃんに刺激を与えたくない、お母さんになった女性ならそう考えるのも自然です。

■指輪を美しく、そしてさりげなく見せるためにどのようなネックレスにすべき?

指輪に紐を通して見るとわかりますが、普通にチェーンを通しても指輪がグラグラして様にはなりません。かえって、指輪がデコルテでグラグラして気になってしまい外してしまう人も少なくないのです。

結婚指輪をいつまでも美しく、二人の絆のように輝かせる為にはチェーンの選び方も大切。専用チェーンにも色々あるので、「見た目重視」か「指輪を守る」チェーンにするか考えて選んでください。

▽指輪を邪魔しない・傷つけないチェーンを選ぶ事

ネックレスにしても、衣類に引っかかる事もありますので傷が全くつかないわけではありません。指輪が大切なのはわかりますが、チェーンと指輪の相性が悪いと指輪に傷がついてしまいます。指輪をメインに考えるなら、ネックレスはシンプルで指輪に傷をつけないシンプルなものが良いでしょう。

A

小豆か、ボールチェーンがナチュラルで合わせやすく指輪を傷つける事がありません。

△専用のチェーンで指輪を安定させる

指輪は指につけるものですから、ネックレスにするような金具はついていないものです。結婚指輪だけでなく、ファッションリングをネックレスにカスタムするカップルもいます。そんな人のために、指輪をネックレスする「バチカン」がついたチェーンがあります。


ポストスライドチェーンネックレス ベネチアンチェーン/Pt850(プラチナ) 0.6mm/45cmαチェーン プレート部分がポストになっているので 大体のトップバチカンなら貫通可能!

この金具をつけると、指輪もしっかり真っ直ぐになりスタイリッシュに見えるのです。指輪用ネックレス以外でも通す事はできますが、安定した形で身につけたいなら専用のチェーンの方が良いでしょう。どうしても指輪とチェーンのバランスが良くないようであれば、ぐらついても定番を選びます。

ただ、金具が専用のようについていませんので、外した時に指輪が抜けてしまったり、最悪は紛失することにも!バチカンの種類も多いので、自分の指輪をネックレスとして「自分好み」に作ることを考えること。少しカジュアルになりますが、レザーの金具を選ぶと指輪に傷をつけることなくネックレスにできます。

■指輪をネックレスにするとデメリットもある・・・

肌身離さず身に着けたい・・・そんな気持ちも知らず、指輪をネックレスにするのはメリットだけではありません。通常は指に着けるものをネックレスにするのですから、多少は困ったことも起こってしまいます。

▽見た目に指輪が大きく目立つ

女性は指が男性より細いとはいっても、ペンダントトップよりもボリューム感があります。良い意味で「結婚指輪を大切にしている」ことにはなりますが、他人から見ると「暑苦しい」と思われることも。

▽仕事中は使えない

大きく目立ってしまうことから「どうして指にしないのか」と聞かれたり、なにかと目線がデコルテラインに集中して外したなんて女性もいます。気持ちはあっても実用的ではないシーンもあるので、TPOに合わせてつけたり外したりすることも必要になるかもしれません。

■指輪をネックレスにするのはおかしいことじゃない

普段は指輪を付けることができないけど、愛の証でもある指輪を肌で感じたい。
毎日身につければ良いのですが、ネックレスにカスタムするとそうは上手くいかない事もあります。

指輪をつけなくても二人の愛が失われるわけではありませんが、寂しいと感じる人もいるでしょう。指輪をネックレスにする人も実際にはいますので、おかしいことではありません。指輪のデザインによってボリューム感も異なりますので「ネックレスして違和感がないか」をチェックしてから加工してみてはいかがですか?